「アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜」から学ぶ英会話 Part 1

英会話

海外経験なしで英語がペラペラになった勉強法

映画で英語を勉強するのにより効果的な方法をこちらの記事で紹介しています!

下の記事で学習する際、参考にしてみてください(^ ^)

About Time (2013) -Last Night Was Never Going to Work Scene(1/10) Script

Tim: Charlotte.
(シャーロット)

Charlotte: Yeah.
(なに?)

Tim: As it’s your last night… can I ask you a question?
(今日が最後の夜だから…質問してもいい?)

Charlotte: Oh, yeah. Ask away. Oh no, wait – um… it’s not going to be about love… is it?
(もちろん。なんでも聞いて。でもちょっと待って、それってラブについてのことじゃないよね…?)

Tim: Love? What?
(ラブ?何?)

Charlotte: Well it’s just that Kit Kat warned me that if you were to ever mention it,
I should be very firm with you and, tell you – you must treat me like your sister.
And not be stupid. Or have i just made a total fool of myself and you’re actually going to ask me for late night last minute tennis tips.
(えっと、Kit Katがもしあなたにその話を持ち出されたら、私のことは妹みたいに扱うべきってキッパリとした態度で断る事って注意されたの。バカなことするんじゃないよって。それか、本当は最後の夜にテニスのコツを聞きに来たのを私がただ勘違いしただけかな。)

Tim: No it was – it was the love thing.
(いや、ラブの方だよ。)

Charlotte: Oh… well that’s very sweet of you. It’s just a shame you left it to the last night. We should have tried creeping along the corridor while we still had time.
(そう、、とても優しいのね。でももっと早く聞けなくて残念だわ。もっと時間がある間に…)

Tim: Okay the last night was a bad idea.
(なるほど、最後の日は良くなかったわけだ。)

Charlotte: Very bad idea. It feels like, an ever so slightly insulting afterthought. Last night was never going to work.
(良くなかったわね。ちょっとだけ後から思いついて言った感じがする。最後の日は絶対にやめた方がいい)

Tim: All right. Good. I’ve got it.
(了解 よし わかったよ)


Charlotte: Come in. Tim.
(どうぞ ティム)

Tim: Charlotte.
(シャーロット)

Charlotte: Hi.
(ハイ)

Tim: Hi. i know you’ve probably suspected this, but over the last month i’ve fallen completely in love with you. Now, obviously this – this was gonna happen because – because you’re a goddess with – with that face and that hair, but even if you didn’t have a nice face, and even if you had absolutely no hair because of some bizarre medical reason um… i’d still adore you, and i – i just wondered whether by any chance you might share my feelings.
(もう君は気づいてるかもしれないけど、ここ1ヶ月僕は完全に君に恋をしてしまったんだ。見ての通り、君に恋することはわかっていた。君は女神だ。その顔に、その髪、たとえ君が美しくなかったとしても、髪の毛が何かしらの健康上の理由でなかったとしても、僕は君が大好きだ。もしかしたら、君も私と同じような思いを抱いているかもしれないと思って。)

Charlotte: Wow. Tell me what. Why don’t we see how the summer goes and then you ask me again on my last night.
(Wow…ではこうしましょう。この夏どうなるか待って、最後の夜にもう一度私に聞いて欲しいの。)

Tim: You’re last night?
(最後の夜?)

Charlotte: Yes. Try me on the last night. See what happens then shall we? It’s exciting.
(ええ、その時どうなっているのか試しましょう。楽しみだわ。)

Tim: Right. That’s a perfect plan. That’s absolutely perfect. Last night.
(それはいいアイデアだ。完璧だよ。最後の夜だね)

Charlotte: Last night.
(最後の夜よ)

Tim: Thanks very much.
(ありがとう)

Charlotte: Night night Timmy.
(おやすみ)

解説

ask away

何でも聞いてね」「どんどん聞いて」など親しみのある言い方

if you were to ever mention it

  • if + 主語 + were to + 動詞の原型
    もし仮に〜だったら
    事実とは異なる、起こる可能性が低いことを表す仮定法。
例:
・If she were to be my girlfriend, I would be really happy.
(もし彼女が僕の恋人なら、僕はとても幸せ者だろう)
・If he were to have studied harder, he would pass the exam.
(もし彼がもっと勉強していたなら、彼は試験に合格していただろう)

made a total fool of myself

  • make a fool of oneself
    バカをみる」「バカな真似をする

スクリプトでは過去に起こったことを述べているので、過去形のmadeが使われています

※oneself = myself, yourself, himself, herself etc…

creeping along the corridor

creeping = 「コソコソする」「忍び寄る
along = 「〜と平行に」「〜にしたがって
corridor = 「廊下」「回廊

「廊下をコソコソ歩き回る」と言った意味合いで、「密かに関係を築くことができたのに…」といった感じに訳すことができるでしょう。

an ever so slightly insulting afterthought

  • ever so slightly
    ほんの」「極めてわずか
  • afterthought
    後からの思いつき」「付け足し

an afterthought に ever so slightly + insulting侮辱的」が修飾されています。

work

  • work
    「働く」や「仕事」という意味が強いですが、「都合がいい」「機能している」のような意味合いでもよく使われます。
例:
・It works for me.
(私はそれでOKです。)←何らかの提案に対して
・This laptop doesn’t work.
(このPCは機能しません。)

over the last month

  • over
    「超える」「以上の」を意味する前置詞ですが、「〜の間」「〜にわたって」など期間を表すこともできます。
例:
・over the weekend
(週末の間)
・over the past couple of days
(過去数日間)

even if

  • even if
    例え〜でも」という意味の仮定法です。
例:
・Even if I were rich, I wouldn’t buy this car.
(例え私がお金持ちだったとしても、その車は買わないだろう。)
・I wouldn’t be able to finish it even if I worked all day.
(私が例え一日中取り組んだとしても終わらせることはできなかっただろう。)

adore you

  • adore
    相手に好意を持つ「好き」という意味がありますが、ニュアンス的には「愛おしい」といった感じで使われます。

by any chance

  • by any chance
    ひょっとして」「もしかして」「万が一
例:
・Do you speak Japanese by any chance?
(もしかして日本語を話したりしますか?)
・Do you have 2 dollars by any chance?
(2ドル持ってたりしますか?)

try me

  • try me
    私を信じてみて」「試してみて」「言ってみて」などを意味します

ネイティブとの英会話で実践練習をしよう!

LanCul(ランカル)とは月額制の英会話カフェで
ネイティブと一緒に会話をしながら「生きた英語」を学べます。

現在初めての方限定で新規入会キャンペーン実施中!
詳しくは 無料体験実施中!話題の英会話カフェLanCul まで!

タイトルとURLをコピーしました