「アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜」から学ぶ英会話 Part 2

英会話

海外経験なしで英語がペラペラになった勉強法

映画で英語を勉強するのにより効果的な方法をこちらの記事で紹介しています!

下の記事で学習する際、参考にしてみてください(^ ^)

About Time (2013) – Meeting Mary Scene (2/10) Script

Jay
Oh my god. I’m so in there. What about you?
(やばいめっちゃいい感じ お前は?)

Tim
I don’t know, but she sounded wonderful.
(わからないけど、彼女素敵だった)

Jay
Oh, shh. Joanna?
(シーッ ジョアンナ?)

Joanna
Jay.
(ジェイ)

Jay
Christ, you’re a babe. How do you fancy stretching the night out a bit?
(やばい超良い女 もう少し楽しまない?)
I can ditch the loser.
(あいつは抜きで)

Joanna
Look, we’ve got to rush, but, um, help me find a cab, and I might give you my number.
(なら急がなきゃ タクシー拾ってよ 私の連絡先あげるかも)

Jay
Of course. Yeah.
(是非そうしよう)

Joanna
Or i might not. Haven’t decided yet. So, yeah.
(やっぱやめるかも 迷い中)
No, I have. It’s not gonna happen.
(冗談よ絶対にあげない)


Tim
Hi.
(ハイ)

Mary
Hi. Where… Where’s…
(ハイ えっとみんなは…)

Tim
Oh, um, she and Jay just… She took him to… I… I don’t know.
(彼女はジェイとどこか行ったよ)

Mary
Oh, right. Oh, well, i guess I… I’d better, um…
(わかった じゃあ私はこれで…)

Tim
Would it be very wrong if i asked you for your number?
(連絡先を聞くのは、ダメかな?)

Mary
No.
(いいえ)

Tim
Just in case i ever, you know, had to call you about…
(もし君に何か用があった時に電話できるように…)

Mary
Stuff.
(用ね)

Tim
Mm-hmm.
(そう)

Mary
Okay.
(いいよ)

Tim
Would you…?
(これに…)

Mary
It’s Mary.
(”メアリー”よ)

Tim
Mary.
(メアリー)

Mary
Okay.
(できた)

Tim
I thought this phone was old and sh*t, but suddenly it’s my most valuable possession.
(古いゴミみたいな携帯が急に大切な宝物になった)

Mary
You really like me? Even… my frock?
(私が好きなの? こんな服でも?)

Tim
I love your frock.
(その服も大好き)

Mary
And, um, my hair? It’s not too… brown?
(私の髪も? 茶色すぎない?)

Tim
I love brown.
(茶色は大好きだ)

Mary
My fringe is new.
(前髪もパッツン)

Tim
The fringe is perfect. Fringe is the best bit.
(完璧だよ 最高の前髪だ)

Joanna
Mary! We have to go! I found a cab, and his dodgy friend is about to assault me.
(メアリー!行くわよ!タクシー見つけたし、あいつに襲われそう!)

Mary
Okay. Okay, I’m coming! Two seconds. I hope I see you again.
(わかった行く! あと2秒で また会いたい)

Tim
You will.
(もちろん)

Mary
Okay. Good. Good night.
(よかった おやすみ)

Tim
Good night.
(おやすみ)

Pick Up! 日常で使える表現

cab

cab(キャブ) = 「タクシー

taxi とも言えるが cab も同じように使うことができる。

frock

frock(フロック)=「ワンピース

イギリス英語での言い回しです。

ちなみにワンピースを英語だと思って one piece と言ってしまうのは間違いです。
これはスクール水着のようなビキニのように上と下で分かれていない水着を指すので覚えておきましょう。

frock と同様に dress も同じ意味で使えます。

fringe

fringe(フリンジ)=「前髪

ちなみにアメリカ英語では bangs(バングス)、イギリス英語では fringe といいます。

I’m coming.

今向かっています」と言った意味になります。

「行く」を英語で表現すると “go” と言いそうになるかもしれませんが、”I’m going.” と言ってしまうと、「私は出かけます」と言った意味になり、その人・場所の元から離れていく印象を与えます。

“go” = 離れる
“come” = 向かう

というイメージです。

“go” = 離れる
“come” = 向かう

ネイティブとの英会話で実践練習をしよう!

LanCul(ランカル)とは月額制の英会話カフェで
ネイティブと一緒に会話をしながら「生きた英語」を学べます。

現在初めての方限定で新規入会キャンペーン実施中!
詳しくは 無料体験実施中!話題の英会話カフェLanCul まで!!

タイトルとURLをコピーしました